H.I.S.、2020年もオーロラハンティングフライトを実施

旅行会社H.I.S.は、2020年の2月と3月、ホワイトホースで2回の「オーロラハンティングフライト」を実施すると発表しました。
これは、飛行機で夜空に飛び立ち、雲の上に出てオーロラを観賞するというフライトツアーです。

2017年11月にホワイトホースから飛び立ったエア・ノース機が、世界で初めてこのスペシャルフライトに成功。オーロラの光の中に飛び込むような飛行体験が、大評判となりました(それまでニュージーランドやイギリスでも実施されましたが、オーロラは見られませんでした)。
ホワイトホースでは、2019年にも第2回目、第3回目のフライトが催行され、いずれも大成功に終わっています。

この2019年の第3回目のフライトを行ったのが、H.I.S.です。もちろん日本の旅行会社としては初めてのこころみでした。
参加者に大変好評を得たことをうけ、同社では来年も特別企画として2回のチャーターフライトを実施します。
日本出発は2020年2月14日(金)と3月7日(土)の予定です。

このフライトツアーのポイントは、主に以下の4点です。

(1)地上10キロメートルまで高度を上げ、雲を突き抜けて行くので、地上が雪でも曇っていても、天候に左右されずオーロラが見られる。
(2)ホワイトホースはオーロラが出現するオーロラベルトの真下にあるため、光が見られるポイントまで時間をかけずにフライト可能。
(3)ホワイトホースをハブとするエアライン、エア・ノースを利用するため、飛行日時や時間をオーロラ予報に合わせてフレキシブルに調整可能。
(4)鑑賞時間は約3時間。グループごとに窓側席で楽しめる。

オーロラにぐんぐん近づき光のカーテンを突っ切っていくような、不思議なフライト。
他にはない感動を体験してみませんか。

>特別企画 H.I.S.貸し切りチャーターフライトでオーロラ遊覧飛行

カテゴリー: 未分類   パーマリンク